0ac146cd9693c1c03d311b54615f499d_s
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

私は以前FXをやっていました。

今はもう足を洗っていますが。

そのため外貨と言う存在は割と身近に感じるものでした。

さて、世の金融商品にはFX以外にも外貨建てのものは多くあります。

それは、外貨建て保険、外貨預金、あとは外国株式に外国債券、海外リートなどもそうです。

この中で、あまり資産運用、というか投資に興味が無い人でもそこそこ手を出しやすい、手を出させやすいのが外貨預金と外貨建て保険だと思います。



なぜ外貨預金が人気なのか

これらの魅力は何と言っても高い金利です。

日本はマイナス金利が導入されているため、銀行などにお金を預けていても金利は雀の涙しかありません。

一般的に各国の政策金利がそれぞれの通貨の預金金利に反映されるため、政策金利が高ければ、その国の通貨の外貨預金金利は高くなる傾向があります。

日本円を売り外貨を購入することによって、各国との政策金利の差が外貨預金の金利となるため、外貨預金の金利はたいてい高くなります。

各国の政策金利を並べると、こんな感じになります。
sesakukinri

マネックス証券より引用

外貨預金がおススメできない理由

私が外貨預金をおススメしない理由について、いくつか述べたいと思います。

①バカ高い手数料

基本、外貨預金は手数料が高いです。
日本円を外貨に換えるとき、また外貨を日本円に換えるとき、それぞれに為替手数料が掛かります。

FXをしたことがあれば分かりやすいと思いますが、為替レートには買値と売値という各銀行が定めた専用のレートがあります。

この買値と売値の差をスプレッドと呼ぶのですが、このスプレッドが手数料として銀行の利益となります。

例えば、スプレッドが特に高い「三井住友銀行」の米ドル円レートでは、片道の為替手数料が100銭、つまり1円となっています。

つまり、100万円を外貨預金(米ドル)に預け入れると、その時点で1万円を手数料として取られ、外貨御金を解約するとさらに1万円弱取られ、預金したはずなのに合計で2万円弱もお金を失うことになります。

ちなみに、逆にスプレッドが低い「GMOあおぞらネット銀行」だと米ドル円で2銭と三井住友銀行の50分の1で、往復の手数料が約400円で済みます。

②為替リスクの存在

外貨預金は、預金と銘打っていますが、その実「為替差益」と「金利」を利用して利益を得る、いわゆる「為替取引」に分類されます。

通常の銀行預金は元本保証である一方、外貨預金にはそのような概念は存在しません。

日本円と外貨を交換する時のタイミング次第で、つまり為替レートの変動によって、大損することもあり得ます。逆に大儲けできることもありますが。

手数料を考えずに計算すると、為替が1米ドル100円の時に外貨預金(米ドル)に100万円預け入れたとしたら、1万米ドルになります。

これを為替が1米ドル90円の時に、日本円に戻したら90万円にしかなりません。

ちょっと極端ですが、たまったものではありません。

特に新興国などでは、戦争やテロなど、政治や社会・経済状態の変化によって為替市場が混乱し、通貨の価値が急落する恐れが存在します。

金利が高いという理由だけで外貨預金を選んではいけません。

③意外と低い外貨預金の金利

外貨預金をする理由は、ほとんどの人が高い金利であると思います。

メガバンクやゆうちょ銀行の場合、日本の銀行に普通預金しても0.001%という悲しい数字ですが、外貨預金(米ドル)なら0.2%も金利が付きます、金利200倍です、素晴らしい。

しかし、皆さんにはここで「おやぁ?」となっていただきたい。

外貨預金の金利は、日本と外国の金利差のはずです。

上記画像を見ていただきたい。

アメリカでいえば、日本の金利は「-0.1%」、面倒臭いので「0%」として計算するとして、アメリカは「1.5%」(1.5%~1.75%って計算する時どっちを使うのだろうか?)、その差「1.5%」です。

すなわち、銀行が付けられる外貨預金(米ドル)の金利は、マックスで1.5%あるはずなのです。

しかし実際は0.2%、残りの1.3%は何処に消えたのか。

もうお分かりですね、銀行の取り分となります。

預金する側は、為替リスクを背負っているのに、銀行側は為替がどうなろうが一定額をピンハネできます、非常に美味しい商品です。

④ペイオフ対象外

通常の銀行預金とは異なり、外貨預金にはペイオフに保証がありません。

普通預金や定期預金などはペイオフの対象なので、仮に預け先の銀行が倒産したとしても、1金融機関・1預金者あたり1000万円までは元本が保証されますが、外貨預金は対象外です。

最後に

なぜ急に外貨預金の話をしたかと言うと、居たんですよ、我が職場に、外貨預金をしている人が。

正確に言うと外貨預金ではなく外貨建て個人年金保険という香ばしいものに加入している人でしたが。

年末調整の書き方を教え回ったときに見つけた時は、つい動きが止まりました。

諸々のデメリットを理解しているのか私にはわかりませんが、その人曰く「知り合いに勧められた」とのこと。

ちと心配です。

 

外貨預金は基本的に銀行側が得をする仕組みになっています。

「いやいや為替次第では大儲けできるだろ?」という意見もあるかもしれませんが、円高・円安どちらに動くか正確に予測するのは困難を極めます、実際にFXで痛い目を見た私が言うのだから間違いありません。

というよりも、もし正確に為替を予測できるなら、それこそレバレッジを掛けてFXをした方が儲かります。

外貨預金である必要性がありません。

とはいえ、通貨の分散はリスク低減という意味では、あながち間違いではありません。

しかし、それならば外国株式や外国債券、あるいはそれらを対象とした投資信託で事足りますし、長期で見れば経済成長に伴って、市場の参加者全員が大きな利益を上げられる可能性があります。

よっぽど目利きの上手い人以外は、外貨預金やFXには手を出さず、大人しくつみたてNISAiDeCoなどを利用して少しずつ資産を増やしていきましょう。

人間、欲をかくと碌な目に合いません、実際合いませんでした。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ