df1d1318aba2218250c169a029472e38_s
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

前回のネット証券各社が投資信託の購入手数料を完全無料化したニュースに続いて、なんかもうよく分からないぐらい、いくつもの取引手数料が無料になるという発表が続いています。

取引手数料が無料化

国内ETFの売買手数料、そしてなんと海外ETFの複数銘柄で買付手数料が無料になるというニュースも飛び出てきました。

松井証券、SBI証券、楽天証券、マネックス証券に各社の発表は以下の通りです。

本当は文字を打とうと思いましたが、多すぎて途中で面倒臭くなったので、それぞれのリンクを貼ることにしました。

時系列は無視、前回記事と重複する案件もありますがご容赦ください。

詳細はリンク先を参照ください。

  松井証券

株式取引の手数料無料枠を拡大します ~現物取引・信用取引の手数料が1日の取引金額50万円まで無料に!~

一日信用取引の手数料体系を業界最安水準に改定します!

投資信託の購入時手数料を完全無料化します

  SBI証券

SBI証券、各種手数料の無料化のお知らせ

SBI証券、株式委託手数料の無料化の範囲拡大のお知らせ、1日の約定代金合計額「10万円まで無料」を「50万円まで無料」に拡大

SBI証券、各種手数料の無料化および引き下げの範囲拡大のお知らせ、国内ETF(97銘柄)の取引手数料、米国ETF(9銘柄)の買付手数料無料化

  楽天証券

ETF・REITなどの信用取引手数料を0円に!

【投資信託】12月16日より、すべての買付手数料が無料に!

いちにち定額コース、50万円まで0円! 「いちにち信用」の金利・貸株料を1.80%に引き下げ!

国内ETF99銘柄の取引手数料が完全無料!さらに、米国ETF9銘柄の買付手数料も完全無料!

  マネックス証券

すべての投資信託がノーロード(申込手数料0円)に

バンガードなど米国ETFの買付手数料を実質無料に!

  auカブコム証券

投資信託の購入時手数料を「撤廃」

フリーETF取扱銘柄拡大

買付手数料無料の海外ETF

さて今回、海外ETFの買付手数料を無料化した証券会社はSBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社ですが、対象ETFのラインナップが微妙に異なります。

詳細は以下の通りです。

 

SBI証券、マネックス証券

バンガードトータルワールドストックETFVT

バンガードS&P500 ETFVOO

バンガードトータルストックマーケットETFVTI

iシェアーズ S&P 500 ETFIVV

SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY

ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI

ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS

ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN

ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長(DGRW

楽天証券

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFVT

バンガード・S&P 500 ETF(VOO)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

SPDR S&P 500 ETF(SPY)

SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR)

SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト(GLDM)

GS MotifデータイノベーションETF(GDAT)

GS MotifヘルスケアイノベーションETF(GDNA)

GS Motif金融イノベーションETF(GFIN)

 

まぁ需要が多いのは、米国ETF4種(VTVTIVOOIVV)だと思われるので問題はないでしょう。

最後に

2019年も残すところ10日余りとなった今日この頃、一気に各取引手数料のゼロ化が進みました。

正直、まだきちんと把握できていません。

国内ETFについては、これまでも一定額までは手数料が無料だったり、もともと手数料が無料のフリーETFというサービスがありました。

これからは、それぞれの手数料が無料であることが「普通」と認識される時代がやってきます。

購入時手数料が必要な取引を利用している人にとっては、まこと朗報です。

我々個人投資家にとっては低コストで資産形成が可能な時代が、さらに進化しました。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ