rakutenbank
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

この度、私のメインバンク(給与受取口座)を、みずほ銀行から楽天銀行も変更しました。

なぜみずほ銀行を見限ったのか?

なぜ楽天銀行を選んだのか?

今回は、それらについて書いていこうと思います。


みずほ銀行ご乱心

過去の記事で書いたように、みずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」制度の改悪によるものです。

ATMの時間外手数料無料や他行振り込み無料など、回数制限こそありましたが良い特典がありました。

しかし、この特典が2020年3月から改悪されます、しかもとんでもなく大幅な改悪です。

詳細は上の記事を見ていただくとして、影響が大きそうな点をまとめると、

  みずほ銀行間のATM送金手数料が全て有料化

  セブン銀行・ローソン銀行のATMの手数料が全て有料化

  他行宛て振込手数料無料の条件および無料回数の変更

 

それぞれ軽く説明すると、①は今まで預金残高30万円以上あれば、みずほ銀行の本支店間のATM送金手数料は無料だったのが有料になります。

送金(振込)は「みすほダイレクト」を使用しなければ無料になりません。

次に②、今までは預金残高30万円以上があれば、イーネットATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの手数料が無料になっていましたが、イーネットATM「のみ」無料となります。

最後に③、今までは預金残高500万円以上あれば、他行宛ての振込手数料は月4回まで無料だったのが、「資産運用商品(投資信託/公社債/株式等)の残高100万円以上で月3回まで無料」に変更されます。

この③が地味に一番キツイです。

 

それぞれの無料化条件を満たそうと思えば満たせるのですが、物凄く面倒臭い上に、ネット証券ならいざ知らず、みずほ銀行で株式や投資信託を100万円以上購入するのは躊躇われます。

なので今回、給与受取銀行に指定し、私のメインバンクとして11年間付き合いのあるみずほ銀行から楽天銀行に移る決意をしました。

楽天銀行のメリット

どうして楽天銀行なのか?

最早語り尽くされているとは思いますが、改めてその理由を述べたいと思います。

  普通預金が高金利

im034
「マネーブリッジ」という制度があります。

「楽天証券」と「楽天銀行」の口座を連携させることで利用可能となる、各種サービス・機能の総称です。

その中で利用者に最も魅力的なものは、普通預金に優遇金利が適用されるというものです。

普通預金金利が5倍に大幅アップ、ガバンクの普通預金金利を比較すると、その差はなんと100倍です。

「楽天銀行」の口座を開設するなら「楽天証券」の口座も一緒に開設し、マネーブリッジの高金利を堪能してください。

  楽天スーパーポイントが貯まりやすい

マネーブリッジの次に、楽天銀行を使うなら利用したいのが「ハッピープログラム」です。

このハッピープログラムは、楽天銀行を使っている人向けの優遇サービスの総称です。

ハッピープログラムに登録すると、楽天銀行のサービスを利用する度に「楽天スーパーポイント」が貯まります。

対象サービスは数多くなるので一部のみ載せますが、

・他行口座への振り込み、他行口座からの振り込み

ATM取引(入出金)

・給与や年金の受取

・口座引き落とし

・楽天銀行即時入金サービス

 

あとは競馬やボートレースなどへの入金でもそうです。

楽天銀行には会員ステージというレベルがあり、それによって特典回数などに違いがあります、。

会員ステージによって貯まるポイントも異なり、以下のようになります。

ベーシック、アドバンスト:1ポイント

プレミアム:2ポイント

VIP、スーパーVIP:3ポイント

 

1件あたりはそれほど大きくありませんが、散るも積もればなんとやらです。

会員ステージの簡単な上げ方は、ネットで調べれば色々出てくるので、そちらを参照ください。

  諸々の手数料が無料
im621
手数料の点でも、みずほ銀行を上回ります。

Ⅰ.ATM利用手数料

楽天銀行には店舗がないので(ないよね?)、お金を引き出すときはコンビニATMなどを利用することになります。

利用できるATMには、みずほ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMなどがあります。

気になる手数料ですが、ハッピープログラムの会員ステージごとにATM利用手数料の無料回数が変わります。

ベーシック:0回

アドバンスト:1回

プレミアム:2回

VIP:5回

スーパーVIP:7回

 

ちなみに、上記はATM「利用」手数料なので、ATMへの入金だけでも無料回数を1回消費します。

ご注意を。

 

Ⅱ.他行振込手数料

楽天銀行の場合は、ハッピープログラムを使っていて、アドバンスト会員以上であれば、他行宛振込手数料を無料にできます。

やはり会員ステージごとに無料回数が異なります。

ベーシック:0回

アドバンスト:1回

プレミアム:2回

VIP:3回

スーパーVIP:3回

 

ベーシック会員では無料になりませんが、アドバンスドに上げるのは簡単なので、実質制限はありません。

また、会員ステージに関わらず、楽天銀行で給与や年金の受け取りがあった場合は、翌月の他行宛振込手数料が3回まで無料になります。

私の場合は、優遇金利とコレ狙いです。

  楽天市場SPU1UP

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしておくと、スーパーポイントアッププログラム(SPU)の条件を満たして、楽天市場で買い物したときに楽天スーパーポイントの還元率が1%上がります。

楽天市場で買い物することが多い人は、必ず楽天銀行の口座を開設し、引き落とし口座に登録しておきましょう。

結論

他にも楽天銀行の利点は多いですが、今回はこのぐらいにします。

みずほ銀行に比べれば、はるかにメリットが多く感じます。

普通預金の金利に関しても、メガバンクの100倍。

しかも定期預金ではないから、いつでも引き出せます。

楽天証券や楽天市場との連携もあり、楽天をよく利用する人には超・絶おススメです。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ