1139753
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

過去の記事で書いたように、私は勤め先で持株会に加入しています。

持株会に付いては下記リンク先を参照してください。

そのため、当然その配当金も毎年受け取っている訳です。

そんな中、確定申告の時期も刻々と近づいてきたこの頃、彼?がまた私のもとにやってきました。

そう、勤め先の持株会から送られてきた配当金支払い通知書です。

11年間積み立て続けた我が社の株式、一体いくら配当金を与えてくれたのか?


2019年持株会配当金は?

v1TROKyQmz3KFD21581401230_1581401638
さ~て、特に引っ張るほどの額でもないし、ちゃっちゃと発表することにしましょう。

上の画像の通り、2019年に持株会より貰った配当金額は税引き後で58531円でした。

配当利回りは税引き後で、だいたい1.1%ぐらいっぽいです。

高配当投資を実践している方々からすると、涙が出そうなぐらい悲しい数字です。

まぁこれでも、ここ数年は増配しているのでこれからに期待したいところです。

とはいえ、自分が勤めている企業である以上、配当を出し過ぎて業績が悪化されても困ります。

そっちはほどほどで良いので、本業を頑張って欲しいです。

仮にも従業員の一人である私が、あまりに他人事な言い分です。

つまりその程度の意識しか持っていないグータラ社員な訳ですね。

 

勤め先の持株会には、奨励金と言う名のブーストが7%掛かっています。

普通に株式を購入するよりも、最初から7%有利な状況です。

また幸か不幸か、私が勤める会社は職種上、あまり景気には左右されにくい部類とされています。

大きく上がりにくい代わりに、大きく下がることもない。

私の場合、未だに平均買付株価が現在の株価よりもかなり下回っている状態なので、長期的にはそれなりのキャピタルゲインが期待できます。

あとは何か不祥事を起こしたり、倒産したりさえしなければ良しです。

現在の運用状況は?

メリットもデメリットも多い持株会ですが、私の毎月の拠出額は15000円、ボーナス月は通常の3倍の45000円。

先に書いたように、毎月の拠出額に奨励金が7%付きます。

これまでの拠出金は300万円弱です。

現在の株価で、おおよそ50%ぐらい儲かっています。

 

持株会が儲かるかどうかは、完全に会社によりけりです。

仮にも自分が勤めている会社です、自社分析ぐらいやろうと思えばできるでしょう。

ほどほどに投資するのなら、まぁ良い制度ではないでしょうか。

目に見える配当金はやはり嬉しい

ちなみに、昨年の持株会配当金額は税引き後で49449円でした。

1年間買い増して約9000円しか増えていません。

まぁ株価が少し上がっているので、購入できた株数が減ったのも原因でしょう。

このペースなら、来年は増配分も含めて税引き後70000円いくかどうかといったところでしょうか。

何はともあれ、額こそまだまだ少ないものの、それでも不良所得というものは良いものです。

まぁ強制で再投資されるので手元には残りませんが、複利で増やすためにはその方がベストです。

周りのブロガーの方々を見ていると、凄い人ばっかりですが、自分のペースでゆっくり積み上げていこうと思います。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ