ideco-tsumitate
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

iDeCoとつみたてNISA、どちらを優先した方が良いのか?

たまに目にする話です。

ともにお得な非課税制度得あるこの2つ、併用はできるためベストは両方を使うことなのですが、運用資金は有限なため、どっちを優先した方が良いかを迷っている人もいるでしょう。

どちらの制度も一長一短、良い面悪い面があります。

そこで今回は、iDeCo、つみたてNISAのどちらを優先するべきか、考えてみましょう。

ちなみに私はつみたてNISAを選んでいるので、一般NISAは考えないものとします。


iDeCoとつみたてNISAの違い

それぞれの制度については、以下のリンクから記事を漁ってください。
この2つには色々異なる点はありますが、重要なものはぶっちゃけ下の3点ぐらいです。

ここだけ覚えてください。

  iDeCoは60歳まで引き出せない/つみたてNISAはいつでも引き出せる

  iDeCoには元本保証の商品がある/つみたてNISAには元本保証の商品はない

  iDeCoは拠出分が所得控除される/つみたてNISAはされない

 

もちろん他にも違いはあります。

月々の拠出額とか購入できる商品とか。

しかしどちらも、投資信託の定期積立を利用する制度です。

また上にも書いてある通り、今回は一般NISAについては詳しく書きませんが軽く言っておくと、

NISAには一般NISAとつみたてNISAがありますが、残念ながら、こちらは一方しか利用できません。

一般NISAは、利用できる金額が年間で120万円、つみたてNISAは40万円。

頻繁に投資信託や株取引をするのであれば一般NISA、少額を長期で積み立てたいならつみたてNISAが良いと私は思います。

どちらを選べば?

では、それぞれの違いを押さえたところで、どうしてもぢとらかを選ぶとなれば、多くの本やサイトではとりあえずiDeCoからにした方が良い、ということを書いています。

その最たる理由は、「所得控除でお金が戻ってくるから」です。

ちなみに日本の自営業者の平均年収は384万円、サラリーマンの平均年収は420万円だそうです。

それぞれの職種の人がiDeCoMAXまで拠出すると、1年間で自営業者は123300円、サラリーマンで41700円の節税となります。

(配偶者や扶養家族などの条件は無視です、単純に年収だけで計算しています。またサラリーマンは月23000円拠出をモデルとしています)

まずiDeCoを始め、限度額まで拠出できるようになった上で、戻ってきたお金とあるのなら余剰資金で、つみたてNISAを活用するべきだと。

ですが言いたいことは分かりますが、私の考えは違います。

「あくまで私の場合は」ですが、私ならつみたてNISAから始めるでしょう。

なぜなら私の場合、月の拠出限度額が12000円だからです。

自営業者はMAXで月68000円、サラリーマンも勤め先の企業年金の実態によって最大23000円まで拠出できます。

しかし私のように確定給付企業年金ありの場合や公務員の人は月12000円です。

将来の資産を育むためと見るには、あまりに少額です。

つみたてNISAなら平均すれば月に約33000円積み立てられます。

出すお金が多いと言うことは、平均利回りが同じなら形成される資産も増えます(iDeCoとは違い、制度が変わっていなければ20年後に売却するか課税口座に移動になりますが)。

「いやいや所得控除でお金が戻ってくるだろう」という意見もあるかもしれませんが、上述した自営業者や一部のサラリーマンの人と異なり、私の還付金はそれほど多くはありません。

月々の拠出額が少ないと言うことは、所得控除で戻ってくるお金も少ないと言うことです。

長期間加入していれば塵も積もって山となりますが、一年単位で見るとわずか3万円弱です(現在の私の場合)。

還付金をつみたてNISAの足しにしようとしても、月々に換算すると2500円です。

これでは、とてもとても。

 

もちろん多くを拠出できる職種の人や月12000円以下しか拠出できない人は、iDeCo優先で全く問題ないと思いますが、まずつみたてNISAから始めた方が良い気がします。
あとは年齢次第でしょうか。
50代後半の人がiDeCoを始めても十二分に資産は形成できないでしょう。

加入するまでの期間もつみたてNISAの方が圧倒的に短いですし。

まぁ私のこの考え方が理に叶っているかどうかなんて分かりません。

というより、ここまで言っておきながらですが、どちらから始めても間違いではありません。

どちらがよりベストに近いか、と言うだけの問題なので、どっちを選んでも普通からしたらベターです。

最後にこの問題を解決する一番の選択は、本記事の最初に書いてあるように「併用」することです。

身も蓋もありませんが。

 

※あくまで私の場合、私の考えです。つみたてNISAを優先した方が良いということを保証するものではありません。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ