1139972
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

先日、iDeCoとつみたてNISAのどちらを優先して始めれば良いか、という記事を書きました。

まぁ結論としては、どっちでもいい、好きな方でというなんとも言えないものになりました。

この2つの制度は、どちらも投資信託の積立を利用した制度です(iDeCoには元本保証の定期預金がありますが)。

「投資信託ってよく聞くけど結局なんだ?儲かるの?なにを買えば?」、これまで本ブログや他の人のブログを読み込んできた人達には無用の疑問でしょうが、世の中そんな経験者ばかりではありません。

この記事では、こんな疑問に少しでも分かりやすく簡単にお答えします。

投資と言う響きは、人によっては危ないイメージや印象を受けるかもしれませんが、きちんと分かったうえで行えば、安定的に複利でお金を増やすことも可能となっています。

この記事では、投資信託とは何ぞや?という基礎から、どういった商品を購入すればいいのかを軽く書いています。


投資信託とは何ぞや?

少々難しい表現をすると、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

大雑把にいえば、お金を預けて投資の代わりに運用してくれる仕組みのことです。

投資対象は、株式、債券、不動産、コモディティなどが主で、何にどんな割合で投資するかは、投資信託によってよりけりです。

投資信託の一番のメリットとしては、個人の代わりに運用してくれるので管理が楽なこと、少額から始められること(多くの証券会社では100円から開始可能)、そして簡単に分散投資ができることです。

数少ないデメリットは、手数料が掛かることです。

手数料 ~投資家の敵~

ここで手数料とは、販売手数料信託報酬です。

プロに運用をお願いしている訳なので、その分のお金が掛かります。

投資信託を購入する場合は、これらの手数料が割高な商品は控えることが重要です。

下手な投資信託を購入してしまうと享受できる利益がが著しく下がってしまいます。

販売手数料

販売会社に支払われ、購入する際にのみ掛かる手数料です。

対面型の銀行や証券会社で購入する場合、販売手数料が高い傾向があります。

ネット証券では手数料が掛からないことが多いのでおススメです。

また販売手数料が掛からない投資信託を「ノーロード」と呼びます。

最近は、ノーロードの投資信託を多く扱う証券会社が増えています。

 

信託報酬

投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間はずっと支払い続けなければならない費用です。

後述しますが、インデックスファンドよりもアクティブファンドの方が高い傾向があります。

また仕組みが複雑な、ファンドの名前から中身がよく分からないような商品が高い傾向にあります。

 

例えば、「○○○債券ファンド 通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)」

販売手数料:3.3%

信託報酬  :年2.0%

というファンドがあるとします。

購入して1年間運用すると、リターンがプラスでもマイナスでも、手数料だけで5.3%の費用を取られます。

もしファンドのリターンが年5%で運用できていたとしても、手数料の5.3%を差っ引くと、-0.3%で損することになります。

こういう商品を買ってしまうと、資産を増やすなんてとてもとても。

投資信託の種類

投資信託には、大きく分類してインデックスファンドとアクティブファンドの2種類があります。

超簡単に言うと、

インデックスファンド

日経平均やTOPIXS&P500と言った指数に連動することを目指すタイプです。

運用がアクティブファンドに比べ楽なため(専門外なのでどう楽なのかはよく分かりませんが)、信託報酬が低い傾向にあります。

またノーロードであることがほとんどです。

アメリカ企業の代表500社の株価指数S&P 500は、投資の神様と呼ばれるバフェットさんが、自分が死んだらこれに投資するようにと奥さんに言ったことで有名です。

アクティブファンド

ファンドマネージャーが色々頑張って運用してくれるタイプ。

とにかくベンチマークとする指数を上回ることを目指す。

ただし、ファンドマネージャーがアレコレ頑張るためか、信託報酬はインデックスファンドより高いことがほとんど。

また、ファンドマネージャーが頑張っているのに、一般的にインデックスファンドの方が成績が良いことが多い。

投資信託の始め方

投資信託を買うには、証券会社に口座を開設する必要があります。

口座は無料で作ることができ、維持費も無料です。

ただし、申し込んでから実際に口座を開設できるまでは些か時間が掛かります。

出来るだけ早めに申し込んでおきましょう。

では何処の証券会社に口座を開設すればいいのか?

名前を憶えておくのは2社だけで十分です。

すなわち「SBI証券」と「楽天証券」です。

共通する特徴として、以下が上げられます。

・業界大手

・色々な手数料が安い

・取り扱い商品が豊富

・少額から投資信託を購入可能(100円から)

・外国株も購入可

 

そして開設する口座の種類は自分で確定申告をせずに済むので、「特定口座の源泉徴収あり」を選択するのが便利で良いです、楽です。

最後に

恐ろしく大雑把に、投資信託の仕組みについて説明してみました。

もちろん細かく言えば、まだまだ深く掘り下げられますが、これから投資信託を始めよう、と思っている方にはこれぐらいで良いと思います。

始める前から、アレコレ言われてもやる気がなくなるだけですし。

まずは興味を持ってもらう、そして始めてもらう。

知識は後から付いてきます。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ