1417869
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

新型コロナウイルスの影響か、それともそれらに対する対策への不満なのか、とにかく全世界的に株安が進行しています。

日経平均やダウ平均株価も暴落が続いたり、かと思えば1日おきに暴騰と暴落を繰り返したり、非常に面白い状況となっています。

このような不景気前夜では、世の投資家たちは世界同時株安を不安視し、株式から資金を引き上げて債券に移している、と思いきや、どうも話が違うようです。


株と債券は逆相関?

よく株式と債券は別々に動く、つまり逆相関の関係であると言われています。

債券は金利が上昇すると値下がりし、金利が下落すると値上がりします。

株価が上昇する時は景気が良い状態のため、たいてい金利も上がります。

つまり債券は値下がりするため、両社は逆に動くとされている訳です。

これは皆さん、聞き慣れた事実でしょう。

逆に動くから、分散投資でリスクを低減するために株式と債券を両方購入するのです。

しかし実際は、そう単純には動いてはくれません。

相場は生き物なのです。

株と債券は仲良しこよし?

先日、日本経済新聞に掲載された記事によると、今回の新型コロナウイルスによるパニック売りは、株式だけでなく安全資産と言われているゴールドや国債でも起こっているようです。

通常株価が下がると株式が売られて債券が買われるというのが鉄則ですが、今回は債券・ゴールドも売り払い、現金を手元に置いておこうと躍起になっているみたいです。

「やはり現金・・・!! 現金はすべてを解決する・・・!!」

8UCMdBUS9fnfQUQ1584193718_1584193762
思い返せばこのような傾向は、リーマンショック時にも見られました。

というか、ある程度の規模の相場下落時には割と見られる光景で、もちろん下げ幅は株式と比べると大分マシですが。

普段は仲違いしていても、イザと言うときには行動を共にする。

真の友情とはこういうものなのかもしれません。

やはり現金

株式だ、債券だ、と騒いでもやはり「もしも」の時は現金が安心なのでしょう。

少なくとも現金化してしまえばそれ以上は下落しない訳で。

その辺のバランス感覚がない私は、こんな時でも保有している金融商品は持ったまま、何ならさらに積み立て続けることになります。

相場の回復の前兆など予測する能力がなく、現金化しても良いタイミングで買い戻しなど出来はしないでしょうから。

いつか相場が回復した時は、それ見たことかと嬉し記事を書くことになるでしょう。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ