088911
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

新型コロナが蔓延するなか、口コミを通して色々なものが買占められています。

恐らくは転売目的だったのでしょうが、今は新たにマスクの高値転売禁止が制定されたため、鳴りを潜めるかと思いきや、一時に比べればマシになったとはいえ、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、マスクもまだ売り場に残っていることが珍しく、心なしかコロナ騒動前よりも値段が上がっている気がしてなりません。

また買い占められているのは、上述したような生活用品だけでなく多岐に亘っています。

除菌剤に手洗い石鹸、うがい薬、おむつ、インスタントやレトルト食品などなど。

そしてそんな中、納豆の買占めも起こっているそうです。

キッカケはSNSで広まった、「納豆はコロナに効果がある」という書き込みです。

特に根拠はなくデマみたいですが、とにかく買い漁られているようで、近くのダイエーでも一番安いトップバリューの納豆が品切れでした。

そんなに効果を期待したいなら、ちょっと良いのを買えよ、現金なものです。

まぁ納豆は色々健康によく、継続して食べれば免疫系が活性化されるという話もあるので、長期で見れば無駄にはならないかもしれませんが。

同じような理由でヨーグルトの売り上げも上がっているみたいです。

納豆菌、乳酸菌、ビフィズス菌、何となく体に良さそうに聞こえますね。

今回は投資関連はお休みで、そんな腸内細菌達についてのお話です。


プロバイオティクス

さて、「プロバイオティクス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

腸内環境を良くする善玉菌を含む食品のことです。

納豆、ヨーグルト、キムチ、漬物などの発行食品が主です。

また似たような言葉に「プレバイオティクス」と言うものがあります。

これは善玉菌のエサになるものを指します。

食物繊維やオリゴ糖が挙げられます。

善玉菌が腸内の悪玉菌を減らし、食物繊維などが善玉菌を増やす。

セットで採れる納豆が健康に良いと言われる所以です。

善玉菌が増えるメリットは、腸内フローラの改善、アレルギーの抑制、免疫の活性化、歯周病の予防など、それ以外にも多数あります。

素晴らしいです。

そして重要なのは善玉菌の数だけでなく、腸内細菌の多様性、すなわちより多くの種類の菌が存在していることだと聞きます。

生きて腸まで届いて…?

よくヨーグルトなどで「生きて腸まで届く乳酸菌」などと謳ったキャッチフレーズを見ると思います。

胃酸などで死なずに腸まで辿り着き、人体に有用な活動を行うのですが、多くの人はそれらの菌がそのまま腸内に定着すると思っているのではないでしょうか?

事実は違います。

経口摂取した菌は体内にいる内は上述したような効果を発揮してくれますが、腸までに死んだ菌は腸内の善玉菌のエサになり、生きて腸まで辿り着いても、そのまま大便と一緒に大概に排出されます。

決して体内に居ついてはくれないのです。

とは言っても決して無駄にはなりません。

きちんと働くだけ働いて出て行ってくれます。

人の腸内に居る菌は、持って生まれた菌叢だけで、年齢や食生活によってそれらの割合が変化することがあっても、体外から新たな菌を取り入れることは出来ないのです。

腸内細菌叢の多様性

このような研究があります。

都会で加工食品を多く食べている大人と子供が、加工食品なし、狩猟、採集、農業のみで食生活を送っている村で過ごすと、腸内細菌がどのように変化するか、というものです。

とある海外の村では食の全てを狩猟、採集、農業で賄っており、主な食料はキャッサバやトウモロコシ、ベリーやパイナップルなどの野菜果物、そして魚やジビエ、野生の鳥から頂戴した卵だそうで、簡単にまとめると「タンパク質や脂質が少なく、食物繊維が多い」ものです。

都会的な食事とは一線を画します。

2週間ほどを過ごし、糞便などからサンプルを取って、村人のそれと比較した結果、都会から来た大人の腸内細菌叢には一切の変化がなかったそうです。

ただし子供に関しては腸内細菌の種類が増えていたそうで、子供の内なら食生活の改善で腸内細菌の多様性を増やせる可能性があるとしています。

しかしながら大人については、もう何をしても腸内細菌の種類は増やせない可能性が高いみたいです。

食生活には十二分に注意しよう

何が言いたいかというと、上述したようにある程度年を取ると、もう腸内細菌の種類は増やせません。

偏った食生活を送っていると、腸内細菌の種類も偏ってきます。

そうなった後でどれだけ食物繊維やオリゴ糖を摂っても、まだ居る善玉菌が増えるだけで決して種類に変化はないのです。

存在しないものは増えることもありません。

そして腸内環境は大きく健康を左右します。

お子さんがいるひとは、子供の内から色々食べさせて腸内細菌の種類を維持しましょう。

もう年を重ねた人は、せめてまだ居る菌だけは死守するように腸活を始めましょう。

少しでも健康的に長生きするためです。

田舎のお年寄りが妙に元気なのがこの辺も影響しているのかもしれませんね。

もちろん、それだけで健康を維持できる訳でもありませんが、しないよりは良いでしょう。

それに腸活云々は置いておいても、多種多様な食物を取り入れるのは栄養的にも悪くありません。

どうしてスーパーの納豆から、こんな話にまで発展してしまったのか。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ