1479585
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

2020年で見れば4か月目ですが、学生やサラリーマンから見れば新たな1年の始まりの月でもあります。

学校、会社に入学、進級、就職し、慣れない新生活にアタフタしている人も多いことと思います。

特に新社会人となった人は、これまでとは全く異なる状況、しかも新型コロナの影響でいきなり自宅待機となっている企業もあると聞きます。

とはいえ学生の時とは違い、自宅待機も立派な業務命令、その時間をどう活かすかはその人次第ですが、とにかく何をやっていても給料は貰えます。

親から解き放たれた今、どう使うかは完全に自由ですが、願わくは今後の、将来のために使ってもらいたいものです。

多少強引な持って行き方ですが、特に将来に向けての資産運用は早め早めに始めた方が有利に働く可能性があります。

一昔前とは異なり、今はつみたてNISAiDeCoといった税制優遇制度が用意されています。

当然新社会人でも問題なく利用できます。

今回はその中で、つみたてNISAを始めようと考えている人達に、どの投資信託を選べば良いかの一参考にと、対象商品のランキングトップ10を載せます(2020年4月3日時点)。


純資産額トップ10

10位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

純資産額:41,627百万円

信託報酬:0.154%(税込み)

設定日:2017年5月9日

 

9位 SMT グローバル株式インデックス・オープン

純資産額:57,637百万円

信託報酬:0.55%(税込み)

設定日:2008年1月9日

 

8位 世界経済インデックスファンド

純資産額:58,696百万円

信託報酬:0.55%(税込み)

設定日:2009年1月16日

 

7位 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

純資産額:69,152百万円

信託報酬:0.0968%(税込み)

設定日:2018年7月3日

 

6位 ニッセイ日本株ファンド

純資産額:69、792百万円

信託報酬:1.1%(税込み)

設定日:2001年12月26日

 

5位 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

純資産額:71,164百万円

信託報酬:0.1023%(税込み)

設定日:2017年2月27日

 

4位 楽天・全米株式インデックス・ファンド

純資産額:75,701百万円

信託報酬:0.162%(税込み)

設定日:2017年9月29日

 

3位 ニッセイ日経225インデックスファンド

純資産額:123,076百万円

信託報酬:0.275%(税込み)

設定日:2004年1月28日

 

2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

純資産額:131,164百万円

信託報酬:0.1023%(税込み)

設定日:2013年12月10日

 

1位 ひふみプラス

純資産額:440,613百万円

信託報酬:1.078%(税込み)

設定日:2012年5月28日

純資産額ワースト5

5位 NZAM・ベータ 日本2資産(株式+REIT)

純資産額:9百万円

信託報酬:0.242%(税込み)

設定日:2020年2月13日

 

4位 NZAM・ベータ 日経225

純資産額:9百万円

信託報酬:0.176%(税込み)

設定日:2020年2月13日

 

3位 NZAM・ベータ 米国2資産(株式+REIT)

純資産額:7百万円

信託報酬:0.407%(税込み)

設定日:2020年2月13日

 

2位 つみたて米国株式(S&P500)

純資産額:1百万円

信託報酬:0.22%(税込み)

設定日:2020年3月6日

 

1位 つみたて全世界株式

純資産額:1百万円

信託報酬:0.22%(税込み)

設定日:2020年3月6日

う~ん、この

トップ10では、妥当と思えるファンドが多くある一方で、遺物が上位にいることに驚きを感じます。

おそらく当時はかなり低コストだったため買われていたのが、過去の貯金で残っているのでしょう……と思ったら、最近でも資金の流入が見られます。

乗り換えなどはせず買い続けているのでしょうか。

積み立てていることを忘れているのかもしれませんが。

信託報酬的には損でも、こういう人が意外に気づいたら資産が積み重なっているのかもしれません。

一方、ワースト5(長くなるので5位までにしました)は何かもう色々酷い、純資産額100万て。

ただ、1位・2位はともかく、NZAM・ベータのコンセプトはちょっと面白いとも感じました。

株式単独、株式債券の組み合わせはよく見ますが、株式+REITはかなり珍しいと思います。

それが良いかどうかは別として。

 

純資産額が低いと繰り上げ償還の可能性が出てきます。

繰上げ償還になると、通常なら他の投資信託に乗り換えればいいのですが、つみたてNISAではスイッチングが出来ないので、もう現金化するしかありません。

せっかくの非課税期間が無駄になってしまいます。

つみたてNISA対象商品は良い商品が多いですが、純資産額が少ないままの商品に逆張りするのは辞めておきましょう。

博打を打つことはありません。

素直に上位から探しましょう。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ