3343818_s
ドーモ。皆
=サン。

茸社長です。

 

このようなブログを書いている人も書いていない人も、全体からすれば少数派だとしても世の中には投資をしている人はゴマンといます。

投資をしている理由も、これまた人によって様々でしょうが、大雑把に言ってしまえば「会社に頼らず生きていきたい」や「老後の生活を豊かにしたい」、すなわち今よりもお金持ちになりたいというものが大半であると思われます。

『お金持ち』、非常に聞こえの良い響きです。

成れるものなら是非とも成ってみたい。

しかし、概念としては知っていますが、その実どの程度お金を持っていたらお金持ちと呼ばれるのか、詳しく知っている人がどれだけいることか。

今回はお金持ちについて、です。


お金持ちとは

お金持ちには、別名として「富裕層」という呼び名があります。

ほぼイコールと考えて良いかと思います。

この富裕層、絶対的な定義は存在しないようですが、よく知られている分類が存在します。

これはその人が保有している金融資産の額によって階層別けされており、保有している記入資産の合計額から負債を引いた額によって、以下のようになっています。

超富裕層         5億円以上

富裕層            1億円以上5億円未満

準富裕層         5千万円以上1億円未満

アッパーマス層   3千万円以上5千万円未満

マス層        3千万円未満

 

さっくばらんとした言い方をすると、1億円以上の資産を持っていれば富裕層に入れてお金持ち、5千万円以上の資産を持っていればお金持ち手前の小金持ちといったところでしょうか。

なんとなくですが、1億円以上の資産を持っているとお金持ちっぽいイメージがする、という人が多い気がします。

億の単位が一つの基準点なんですかね。

ぶっちゃけ私からすれば、3千万円以上のアッパーマス層でも「お金持ってんなぁ」と感じますが。

日本にはどれだけお金持ちが?

じゃあ、この日本には一体どれだけの「お金持ち」、すなわち富裕層以上が存在するのか?

ちと古いデータですが、2017年時点でのお金持ちの数(富裕層+超富裕層)の世帯数は、127万世帯弱ぐらいだそうです。
190819rich01_o

出典:野村総研


このピラミッド、ちょこちょこネット上で見たことありましたが、野村総研なる研究所が算出しているようです。

ちなみに、日本の世帯数は約5850万世帯だそうなので、お金持ちは約2%強存在していることになります。

100人いれば2人は1億円以上の資産を持っている訳です。

ちなみにこの富裕層以上の世帯、年々増加しているとか。
2

出典:野村総研

 

なるほど、確かに富裕層は増えていますがマス層も増えています。

お金を持つ者持たざる者がそれぞれ増えている、つまり格差が広がっているともとれます。

お金持ちが増えている理由は?

お金持ちは、どうやってお金持ちになったのでしょうか。

もちろん理由はいくつか考えられます。

親が、あるいは先祖代々が金持ちのナチュラルボーンリッチ、高額の宝くじが当選した、競馬などのギャンブルで大勝した、FXや仮想通貨で大儲け、企業の経営者・役員の高額報酬などなど。

しかし、それらは富裕層が増えた理由にはなりません。

やはり株かな、と。

ちょうど第2次安倍政権が発足する直前の2011年からは富裕層以上がドドンと増えていっています。

日経平均株価も1万円弱から2018年には2万円を超えました。

株価は2倍以上です。

あくまで私の勝手なイメージですが、日本人はある程度お金を持っている人ほど資産運用を行い、お金を持たない人ほど貯蓄に励むように感じます。

労働者の実質賃金がなかなか増えない中、給与を積極的に貯蓄に回していた人達はアベノミクスの恩恵とは無縁で、豊富な資金で株式など直接的な資産運用をしていた人達は大きく資産を増やした訳です。

思えば私が本格的に資産運用を始めた2016年より前から買い付けていた持株会の株式も、この時期で大きく株価を上げていたように思います。

無闇矢鱈とお金を投資にぶっこむことが良いか悪いかはさておき、上述したラッキーが起きない限り、ただ貯蓄しておくだけではお金持ちには成れない、ということです。

ちなみに私の今現在の階層は、当然「マス層」です。

私の金融資産が、ウォール・アッパーマスの壁を壊せるぐらいの超大型に育つのは一体いつになるのか。

 

オタッシャデー!

↓↓↓よろしければ、応援お願いいたします。励みになります故↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ